short3

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

あなたは

「ショートホールでアイアンの飛距離が出ない」、

「ティアップしているのにダフリやすい」


と悩んでいませんか?


もしそうなら、ティアップの高さに
問題があるかもしれません。

ティアップが高すぎると
ミスショットになる確率が高まります。

飛距離が落ちたり、ダフリの原因になります。

ということで、今日は
「ショートホールでの適正なティアップの高さ」
をシェアします。



■ショートホールでの適正なティアップの高さ

「ショートホールのティアップが高すぎる」

この間違いは多くのゴルファーがしています

特に初心者にありがちなミスです。


(1)ティアップが高いとダフりやすい

ショートホールでティアップをするとき
「ダフりたくない」という心理から、
ティアップが高くなりがちです。

しかし、ティアップが高いために
ダフっているケースが多いのです。

なぜでしょうか?

ティアップを高くすると
アッパーブローに打ちたくなります。

すると、ボールを右から覗きこむような
アドレスになりやすいです。

スイング軸が右に傾くのです。

スイング軸が右に傾くと、
通常よりもスイングの最下点が
右に移動します。

スイングの最下点が
ボールの手前になるのです。

そのためダフリやすくなります。

ダフリが怖くてティアップを高くしているのに、
逆効果なのです。

ボールを右から見るのではなく、
上から見下ろすようにしましょう。


アッパーに打つ癖がある場合は、
ボールの左側を見るくらいで調度良いです。

ボールの左側を見る意識でアドレスすると
スイング軸が右に傾くのを矯正できます。



(2)ティアップが高すぎると飛距離が落ちる

ティアップが高すぎると
クラブがボールの下に潜りやすくなります。

ボールがフェースの上にあたり、
飛距離が大きくさがるリスクがあります。



(3)芝の葉先とティーの高さをそろえる

では、どのくらいの高さが適正なのか?

ティグラインドの芝の葉先と
ティーの高さをそろえるぐらいが調度良いです。

ちょうど薄い芝の上に「ふわり」とボールが
浮いているような状態です


 * * *

ショートホールでの適正なティアップの高さをご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・ティアップが高いとダフりやすい
・ティアップが高すぎると飛距離が落ちる
・芝の葉先とティーの高さをそろえる



ダフリが怖くてティアップを高くしているために、
逆にダフリやすくなる。

ゴルフではこのように、
「不安のためにミスを誘発する」
というケースが多いです。

不安に負けず、いつもどおりの
プレーを守りましょう。


応援しています。




■追伸

アイアンはダウンブローに打つと
ミスショットを大幅に減らせます。

ダウンブローの打ち方を
この記事でご紹介しています。

ダウンブローの打ち方と、練習の3つのポイント


参考になれば幸いです!