iron_ball
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「アイアンを狙った方向に打つには、どうすればよいのか?」

もしあなたが「アイアンショットで右や左に飛ぶ」
悩んでいるなら

今回の記事がお役に立てるでしょう。

アイアンで狙った場所に打てると
パーオンが増えます。

スイングを直さずにアイアンの精度をあげる
シンプルな方法があります。

ということで今日は
「アイアンを狙った方向に打つ方法」
をシェアします。


■「アイアンを狙った方向に打つ方法」

たとえば、アイアンショットが「右に飛ぶ」という場合です。


(1)アドレス時点でフェースが開いていないか?

「アイアンが右に飛ぶ」の原因はいくつかあります。

意外と多いのがコレ

「アドレス時点でフェースが開いている」

アドレスでフェースが開いているので
インパクトでもフェースが開きます。

フェースが右を向いているので
ボールが右に飛びます。

つかまりが悪くなり
すこし飛距離がおちます。

すると右手前のバンカーにつかまりやすくなります。

アイアンは構造上、ポンと地面におくと
少しだけフェースが右を向きやすいです。

このことに気づいていないゴルファーは多いです。

「アイアンショットで右に飛ぶ」と感じたら

「アドレスでフェースが開いていないか?」

をチェックしてみてください。

アドレス時点でフェースを閉じると
ボールのつかまりがよくなります。

フェースが左にむくほどロフトが立ち
飛距離もアップします。


(2)フェースが開いているかチェックする方法

フェースが開いているのか
簡単にチェックする方法があります。

小さなスイングでボールが飛ぶ方向をチェックすると
問題を見つけやすいです。

腰から腰の小さなスイングをします。

(もっと小さなスイングでも良いです)

アイアンで軽く「ポーン」とボールを打ちます。

小さなスイングでは
アドレスとインパクトのフェース面が変わりにくいです。

アドレス時にフェースが開いていれば
インパクトでもフェースが開きます。

フェースが開いていれば
ボールは狙いよりも右に飛びます。

アドレスでフェースが開いていても
フェースターンができるならドローを打てます。

そのように打つプロもいます。

しかし練習量が少ないと難しいです。

「アドレス時点でフェースを開かない」がオススメです。

アイアンショットがいつも右に飛ぶなら

アドレス時点でフェースが開いている可能性が高いです。


(3)フェースが目標の少し左を向くようにアドレス

いつもより少しフェースを閉じてみましょう。

「リーディングエッジをいつもより少し左に向ける」
をお試しください。
iron_face


「アイアンショットが右に飛ぶ」を防止できます。

「リーディングエッジはスクエアが基本でしょ!」
と思うかもしれません。

少しオープンに構えるプロもいます。
少しクローズに構えるプロもいます。

スクエアのつもりでオープンにかまえている人は多いです。

まずは練習場でお試しください。


 * * *
アイアンを狙った方向に打つ方法を
ご紹介しました。

「アイアンショットでボールが右に飛ぶ」と感じたら
「アドレスでフェースが開いていないか?」

をチェックしてみてください。

スイングを直さず
「アドレス時にフェースを少し閉じる」
だけです。

飛距離も伸びます。
スライスを軽減する効果もあります。

逆に「アイアンがいつも左に飛ぶ」という場合は
「フェース面を少し開く」で対応できます。

お試しください!



■追伸

「ゴルフはちょっとしたことを知っているか、知らないか」

でスコアに大きな違いが出てきます。

このメルマガでは
「1分で読めるスコアアップにつながるヒント」
をお届けしています。

メルマガを毎日読むと
自然とスコアアップにつながりますよ!

小さな積み重ねが大きな変化になります。