driver4
FROM:アオイ
札幌の自宅より

上手いプレーヤーは
ドライバーのショットが安定しています。

多少ミスショットを打っても
スコアを大きく崩さずにすみます。

ドライバーのミスが少ないのは
「スイングの実力が高い」
ということもありますが、

ドライバーショットを安定させるコツがあります。

ドライバーが安定すればOBが減ります。

セカンドショットをフェアーウェイから打てます。

パーオンの回数も増えます。
当然、スコアは良くなります。

ということで、今日は、
「ドライバーショットを安定させる2つの優先事項」
をシェアします。


■ドライバーショットを安定させる2つの優先事項

(1)アドレスのチェックが最優先

「ドライバーが安定しないのはスイングに問題がある」と
考えている方は多いですが、、、

実は、、、

「ドライバーが安定しない理由はアドレス」
というケースがとても多いです。

アドレスに問題があるのに、
スイングを直しては問題が複雑になるだけです。

「ショットが安定しない」と悩んだら
まずはアドレスをチェックしましょう。

狙った方向に飛ばないという場合は
次の3つのラインをチェックします。

・両つま先を結んだライン
・両腿を結んだライン
・胸のライン(肩のライン)

この3つのラインがターゲットラインと並行となるのが理想です。

特に胸のライン(肩のライン)が重要です。

足のラインはクローズにするプロもいます。
(フック、ドローが打ちやすくなります)

正しい方向にアドレスできないと
狙った方向に飛ばないだけじゃなく問題が複雑になります。

たとえば

・ボールの位置がずれやすくなる

・アドレスで違和感があるとリズムが早くなりやすい

などなど

ボール位置がずれればボールは安定しません。

リズムが早くなればショットは不安定になります

「ショットが安定しない」と悩んだら
アドレスのチェックを最優先にしましょう。


(2)フィニッシュでバランスを崩さない範囲で振り切る

ドライバーショットが安定しない原因の1つが
「振りすぎ」です。

アニカ・ソレンスタム選手は

スイングのスピードリミットを
「10段階の6まで」と気をつけていたそうです。

それ以上のスピードでスイングをすると
コントロールができなくなる。

ただ、、、

「10段階のうち6」と言われても
個人差があるのでわかりにくいです。

わかりやすい目安があります。

それは「フィニッシュでバランスを崩していないか?」です。

フィニッシュでバランスが崩れないなら
はやいスピードで振り切ってOKです。

「フィニッシュでバランスが崩れるようなら振りすぎです」

ヘッドスピードは少しあがるかもしれませんが
それ以上にミート率が落ちます。

ミート率がさがるとヘッドスピードが出ても
飛距離は大きくロスします。

ショットも安定しません。

OBになればスコアダウンに直結します。

フィニッシュでバランスを崩さない範囲で
振り切りましょう。


 * * *

ドライバーショットを安定させる2つの優先事項
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)アドレスのチェックが最優先
(2)フィニッシュでバランスを崩さない範囲で振り切る


ドライバーショットを安定させる方法は
他にもあります。

「ドライバーショットが安定しないと
 スコアはまとまりません」

チェックする優先事項を知っていると
悩む時間を減らせます。

参考になれば幸いです。




■追伸


以前の私は、スイングにチェックポイントが多くて
アドレスをすると緊張していました。

でも、、、

スイングのチェックポイントを減らして
優先事項だけに集中したら

スイングをするのが楽になりました。

もし、あなたも
「ドライバーショットが安定しない」
と悩んでいるなら

まずは、今回ご紹介した2つをチェックしてみませんか?



■追伸2


「ゴルフはちょっとしたことを知っているか、知らないか」

でスコアに大きな違いが出てきます。

このメルマガでは
「1分で読めるスコアアップにつながるヒント」
をお届けしています。

メルマガを毎日読むと
自然とスコアアップにつながりますよ!

小さな積み重ねが、大きな変化になります。