iron
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「アイアンで一定の距離を打ち、パーオンを増やす方法」


アイアンで狙った距離を打てないと
スコアをまとめるのが難しくなります。

距離が足りないと
手前のバンカーに入ったり

グリーンの奥に打ってしまうと
難しいアプローチが残ります。

アイアンで一定の距離を打てると
パーオンを増やせてスコアが良くなります。

ということで
「アイアンで一定の距離を打ち、パーオンを増やす方法」
をシェアします。


■アイアンで一定の距離を打てるようになる方法



(1)ゆるやかなダウンブローに打つ

アイアンでダフると
飛距離がでません。

多くのゴルファーはナイスショットのつもりで
「少しだけダフり」になっているケースが多いです。

練習場のマットは滑るので
少しだけダフっていることに気づきにくいです。

重心が低いキャビティアイアンも
少しくらいダフってもボールが前にとんでくれます。

ただ、、、

それでもダフっていれば
絶対に飛距離は落ちます。

ゆるやかなダウンブローに打てると
飛距離もでやすいですし

距離も安定しやすいです。


(2)インパクトでのロフトを安定させる

インパクトでロフトが寝たり
ロフトが立ちすぎたりと

インパクト時のロフトが安定しないと
飛距離が安定しません。

インパクト時のロフトが安定すると
飛距離が安定しやすいです。

 * * *

アイアンで一定の距離を打ち、パーオンを増やす方法
シェアしました。

長くなったのでまとめます。


(1)ゆるやかなダウンブローに打つ
(2)インパクトでのロフトを安定させる


ダウンブローに打てると
アイアンショットの距離も安定して

パーオンを増やせますよ。

参考になれば幸いです!




■追伸

「ゴルフはちょっとしたことを知っているか、知らないか」

でスコアに大きな違いが出てきます。

このメルマガでは
「1分で読めるスコアアップにつながるヒント」
をお届けしています。

メルマガを毎日読むと
自然とスコアアップにつながりますよ!

小さな積み重ねが、大きな変化になります。