FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


『なぜ、ボールが左に飛ぶのか?』


先日、メルマガの読者さんから、
こんな質問をいただきました。

==================
アイアンの練習ばかりをしていたら、
ドライバーが不調になってしまいました。

ボールが左に飛んでいきます。

アウトサイドインの軌道になっているようです。
何か良い対策はないでしょうか?
==================

アウトサイドインの軌道は、ボールの飛球方向の線に対して、
クラブヘッドを外側から、内側へ振りぬいていく打ち方です。

アウトサイドインになる原因は
いくつかありますが、

主な原因はこれです。

「ボールを打とうと意識しすぎ」

・アイアンでクリーンに打とう
・ドライバーの芯で打とう

と、インパクトを意識しすぎると、
アウトサイドインの軌道になりがちです。

アウトサイドインの軌道は、
方向性も安定しませんし、
飛距離はでません。

ボールが右に大きく曲がるスライスや、
チーピンの原因になります。

アウトサイドインの軌道を直せば、
方向性も安定し、飛距離もアップします。

ということで、今日は
「アウトサイドインの軌道を直す簡単な方法」
をシェアします。


■アウトサイドインの軌道をチェックする方法

チェックは簡単です。

狙った方向よりも左にボールが出たら
アウトサイドインの軌道になっている証拠です。


■アウトサイドインの軌道を直す簡単な方法

(1)ボールの上にヘッドを通す素振り

まずは練習場でお試し下さい。

ティーアップしたボールの上(10cm上)を空振りします。

ポイントは2つです。

・フィンッシュまで振りぬく
・上半身の力を抜く(グリップする力を弱くする)

ボールを意識せず、気持よく振りぬきましょう。

徐々に「ボールを打つ」という意識から
「クラブを振る」という意識に変わってきます。

「ボールを打つ」ではなく、
「クラブを振る」を意識することで、
アウトサイドインの軌道が直ります。


(2)素振りとショットを繰り返す

この方法で素振りを1回してから、
ボールを打つ。

これを繰り返して下さい。

繰り返して練習をすると
素振りに近い感覚でボールを打てるようになります。

ボールの飛ぶ方向が左ではなく、
真っすぐか、少し右になれば合格です。


(3)ラウンド中にも活用

この素振りはラウンド中にも使えます。

・ボールが狙いよりも左に出る
・プレッシャーを感じて、スイングが小さくなっている
・スライスになる
・チーピンになる

こんな場合は、ボールを打つ前に、
「ボールの上にヘッドを通す素振り」をしましょう。

ボールを意識せずスムーズなスイングが出来ますよ。

 
 * * *

アウトサイドインの軌道になっているゴルファーは多いです。

アウトサイドインの軌道は、
極度のスライスや、チーピンの原因にもなります。

狙った場所にボールを打てないので、
スコアがまとまりません。

今回、ご紹介した
「ボールの上にヘッドを通す素振り」を
練習やラウンドで活用して下さい。

ショットの方向性が安定し、飛距離も伸びますよ。

参考になれば幸いです。