joshigolf

FROM:アオイ

渋谷のスタバより

「飛ばそうとするほど、飛距離が落ちる」

ゴルファーなら誰もがこんな経験があるでしょう。

なぜ飛ばそうとすると飛距離が落ちるのか?

その理由の1つが「体重移動の意識」です。

最近の大型ヘッドは昔と比べて
体重移動を必要としません。

体重移動をおさえて
体の回転でスイングをした方が
飛距離を伸ばしやすいです。

ということで、今日は
「バックスイングの体重移動と飛距離の関係を伸ばす方法」
をシェアします。


■体重移動で飛距離ロス

アマチュアの9割は体重移動を意識しすぎで
飛距離を落としています。

バックスイングで右に体重を移動し過ぎです。

バックスイングで右足に大きく体重を移動すると
ダウンスイングで左に大きく戻す必要があります。

左右の動きが大きくなると
インパクトのタイミングがとても難しくなります。

インパクトがジャストタイミングであえば
飛距離がでる可能性があります。

しかし、1ラウンドを通して安定したショットを
打つのは難しいです。

アイアンショットも体重移動は注意が必要です。

バックスイングで右足に大きく体重を移動すると
スイングの最下点が右に移動します。

すると、ダフリやチョロになりやすくなります。

アイアンで正確なショットを打つためにも
バックスイングで過度な体重移動は危険です。



■イ・ボミ選手もスイング軸は移動しない

イ・ボミ選手もドライバーでは
「軸がブレないようにする」
を重視しているそうです。

【動画】イ・ボミ選手のスイング


不調の時はスウェーになり
フックがでるそうです。

(スウェーと言ってもほんの少しでしょうが)



■体重移動をやめて飛距離アップを伸ばす方法


(1)背筋を伸ばしてアドレス

体重移動をおさえて飛距離を伸ばすには
アドレスが重要です。

アゴを少しあげて、背筋を伸ばすと
体の回転がスムーズになります。



(2)「右足のたえ」でスウェーを防止する

回転でスイングをするには、
バックスイングでの「右足のたえ」が重要です。

「バックスイングで右足の内側で力を受け止めます」

右足の全体や、右足の外側で力を受け止めようとすると
スウェーになりやすいです。


「右足の内側で体重をうけとめる」

または

「右膝を正面に向けた状態をキープ」

というイメージがオススメです。


(3)背筋を軸に「クルッ」と回転


ダウンスイング、フォローにかけて
ビハインドボールをキープします。

「頭の位置をボールより右側にキープ」が大切です。

ビハインドボールを保ちながら、
背筋を軸に「クルッ」と回転しましょう。

左右の動きをおさえて、軸をキープすると
回転が早くなります。



体の回転が早くなることで、
ヘッドスピードが速くなります。

ヘッドスピードが速くなり
飛距離が伸びます。


 * * *

バックスイングの体重移動をやめて飛距離を伸ばす方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・背筋を伸ばしてアドレス
・「右足のたえ」でスウェーを防止する
・背筋を軸に「クルッ」と回転

正確に言うと、バックスイングでは
重心が移動します。

バックスイングでは背骨を中心に体をまわし、
両腕が右側に移動します。

その分、右側に重心が移動します。

自分からバックスイングで右に移動すると
大抵の場合、過度な体重移動になります。

参考になれば幸いです。