topofswing
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「ドライバーショットが飛ばない」

と悩んでいませんか?

ドライバーの飛距離がでると
セカンドショットで短いクラブを使えます。

パーオンが増えてスコアが良くなります。

バーディーのチャンスも増えて
ゴルフが面白くなります。

スイング中のスイング軸をキープできると
ドライバーショットは安定します。

どうすればスイング軸をキープできるのか?

ということで今日は
「スイング軸をキープして飛距離を伸ばす方法」
をシェアします。


■まずは現状のチェックから

「スイング軸をキープできているか?」
のチェックは簡単です。

スイングを後方からカメラで撮影して、
スイング中の頭の高さをチェックしてください。

頭の位置が上下に動いていれば、
軸が動いています。

他の人に見てもらっても一発でわかります。



■スイング軸をキープして飛距離を伸ばす方法

「スイング軸を安定させてドライバーの飛距離をアップする方法」

をご紹介します。


以前、友人とラウンドをした時の話。


その友人は、ゴルフが大好きで
週に1回以上のペースでラウンドをします。


彼は、ラウンドが始まってスグに、ぼやきはじめました。

友人「少し前から、ドライバーの調子がおかしいんだ
   飛ばないどころではなく、ヘッドにきちんとあたらない
  『ドライバーあたらない病』だよ・・・」


私 「『ドライバーあたらない病』って、それは辛いね」


本人が言うとおり、
彼のドライバーショットはとても不調でした。

いつもなら、230ヤードほど安定して飛ぶのですが、

その日は、飛距離が落ちているだけでなく、
左に飛んだり、右に飛んだり、、、

ドライバーの調子が悪いために、
スコアもボロボロです。


■『ドライバーあたらない病』の原因は?


彼の『ドライバーあたらない病』の原因はスグにわかりました。

とても単純です。

「スイング軸がぶれている」


彼はこんな悪循環にはまっていました。


飛ばそうとする

体重移動を増やす

スイング軸がぶれる

クラブフェースの芯にあたらない

飛距離が落ちる

飛ばそうとして、もっと体重移動を増やす

もっとスイング軸がぶれる

さらに芯で打てなくなる



飛ばそうとするあまり、
スイングのバランスが崩れて、
ボールがクラブフェースの芯にあたっていないのです。


このような悪循環にはまり「ドライバーが苦手」という方は多いです。

もしかすると、あなたも気づかないうちに
同じ症状が出始めしているかもしれません。


もしあなたが、
「ドライバーをもっと飛ばしたい」と思っていて、
「飛ばすためには、体重移動が必要だ」と考えているなら、
彼と同じ悪循環にはまる可能性が高いです。


もし、そんな症状が出ているなら
彼にしたアドバイスが役に立つでしょう。


彼が『ドライバーあたらない病』の理由を教えて欲しいというので、
簡単なアドバイスをしました。

「バックスイングで右膝を右に移動しない」

スイング軸を安定させるポイントは複数あるのですが
なかでも「バックスイング」は大切です。


これを意識したことで、
彼のドライバーショットは、飛距離が出て
方向性も安定しました。


もし、あなたが「ドライバーの飛距離を伸ばしたい」と悩んでいるなら

「飛ばそうとしてスイング軸がぶれていないか」
をご確認下さい。


スイング軸が安定すると、

飛距離が伸びて、ショットも安定します。

参考になれば幸いです。