golf_josei2

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


『ドライバーショットが安定しない、飛ばない・・・』
と悩んでいませんか?

優秀なメルマガ読者であるあなたもご存知のとおり、、、

飛んで曲がらないボールを打つためには
アドレスが大事です。

ドライバーのアドレスで
とても多い間違いがあります。

「ドライバーだけ肩のラインがオープンになる」
という間違いです。

アドレスが良くなるとショットが安定して
飛距離が伸びますよ。

ということで今日は
「ドライバーの飛距離アップ(肩のラインをチェックしよう)」
をシェアします。


■ドライバーの飛距離アップ(肩のラインをチェックしよう)

(1)ドライバーは肩のラインがオープンになりやすい

本人は気づいていないケースも多いのですが

「ドライバーだけ肩のラインがオープンになる」
という方は多いです。

アイアンのアドレスは良いのに
ドライバーだけ肩のラインがズレるのです。

なぜ、

ドライバーだけ肩のラインが
オープンになるのでしょうか?

それは
「ボールの位置が体のセンターより左側だから」
です。

一般的にドライバーショットのボール位置は
「左足かかとの前」です。

これはアッパーに打つために
正しいボール位置です。

しかし、そのために肩のラインが
左を向きやすいのです。


ボールの位置が左足かかとの前
(アッパーにボールを打つため正しい位置)

ボールが正面の中心より左にあるので
右肩が前にでやすい

肩のラインがオープンになりやすい

テークバックがアウトサイドにあがりやすい

ダウンスイングがインサイドアウトになりやすい

上から鋭角に打つ起動になる

スライスになりやすい

方向性が安定せず、飛距離も落ちる


アイアンでは体の正面にあるので
肩のラインはターゲットラインと
並行にしやすいです。

ドライバーはアイアンに比べて
肩のラインが左を向きやすいのです。


(2)肩のラインをチェックする方法

肩のラインはとても重要です。

ドライバーを持った時の
アドレスをチェックしてみて下さい。

シャフトを胸の前に当てます。

「飛球線のラインと平行になっているか?」
をチェックします。

セルフチェックも行いますが
定期的に他の人にチェックしてもらうと良いです。

両足のラインは多少、オープンでも
クローズでも良いのですが

肩のラインは必ずスクエアになるようにしましょう。

アドレスが良くなると
方向性が安定して飛距離が伸びますよ。

応援しています!

あなたが今以上にゴルフを楽しめますように!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。