ball4

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「どうすれば最適なボール位置が決まるのか?」

ボールの位置で悩んでいるゴルファーは多いようです。

あなたも「最適なボール位置」を
悩んでいるかもしれませんね。

ボール位置が良いと
スイングの無駄な動きが減ります。

ショットの再現性が高くなります。
飛距離も伸びます。

ということで今日は
「飛んで曲がらない最適なボール位置を探す方法」
をシェアします。



■飛んで曲がらない「最適なボール位置」を探す方法

(1)最適なボール位置は1箇所だけ

ゴルフ歴が長くなるとボールの位置はどこに置いても
あるていど打ててしまいます。

ただし、最適ではない可能性があります。

平坦な場所なら「最適なボール位置」は1箇所だけ。

ボールの位置が悪いと
スイングに無駄な動きがでます。

スイングに無駄な動きがあると
ショットの再現性がわるくなります。

飛距離もロスします。

ボール位置が良いと
スイングの無駄な動きが減ります。

ショットの再現性が高くなります。
飛距離も伸びます。

「スイングしているその途中にたまたまボールがある
 という意識でスイングすればいい」

と言ったのはメジャー7勝のサム・スニード。

ボールにスイングをあわせるのではなく
「スイングにあわせてボール位置を決める」と良いです。


(2)素振りでボール位置を探す

では、、、どうやって最適なボール位置を探すのか?

最適なボールの位置は個人差があります。


共通して言えるのは

「素振りと同じスイング軌道で打てるのがベスト」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

素振りはスイングに無駄な動きが少ないからです。


「素振り」と「ボールを打つ」を繰り返しながら
ボール位置を探すのもオススメです。

次の方法で少しずつ
ボールの位置を微調整してさがします。


・本気の素振り2,3回

ボールがないのでスイングがスムーズになります。


・次にボールを置いて打つ

素振りの時とスイング軌道が変わったら
感覚としてわかります。

ボール位置が悪いと「合わせ打ち」になり
違和感が残ります。


・本気の素振りを2,3回

ボールがないのでスムーズなスイングに戻ります。


・ボール位置を少し変えて打つ


これを繰り返して

「素振りと同じスイング軌道で打てるボール位置」

を探しましょう。


ボール位置が良いと素振りと同じ感覚で振り抜けます。
違和感が残りません。


ドライバーについてはティーアップの高さも
最適な位置がありますので、

同様の方法でさがせばokです。

最適なボール位置がみつかったら
覚えておくと良いですよ。


 * * *

飛んで曲がらない最適なボール位置を探す方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)最適なボール位置は一ヶ所だけ
(2)素振りでボール位置を探す

ボール位置が良いと
スイングの無駄な動きが減ります。

ショットの再現性が高くなります。
飛距離もでます。

ちなみに、、、

斜面から打つときはボールの位置を微調整する必要があります。

斜面から打つ時も素振りをすると
気持ちよく打てるボール位置が見つかります。


応援しています!



■追伸

以前は「ドライバーは左かかと線上」といわれていました。

クラブの進化で少し右側にする選手が増えているようです。

ball4


参考までに!



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」や「シェア」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。