headpu
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「アベレージゴルファーが進歩するときは、
ワンストロークずつ良くなるわけではない。
進歩は一気にやってくる」

伝説のレッスンプロ、ハービー・ペニックの言葉です。

アベレージゴルファーの進歩は
一気にやってきます。

それは「スコアを損している"真の原因"」
を解決した時にやってきます。

たった1つの理由で大幅なスコアダウン
をしているケースは多いです。

それをクリアすると
突然スコアがよくなるのです。

ということで今日は
「ゴルフで大叩きになる理由と対策」
をシェアします。


■ゴルフで大叩きになる理由と対策

なぜ、スコアを損している
「真の原因」を1つだけ解決すればOKなのか?


ゴルフのミスは連鎖的に発生するからです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

たとえば、

「ティーショットでドライバーが曲がる」
というミスが多いとします。

・ドライバーショットが曲がる

・ボールが斜面に止まる。
 しかもラフで、残り距離も長くなる。

・残り距離が長いので
 FWやロングアイアンでセカンドショットを打つ。

・ラフ、傾斜の難しい状況なので
 高い確率でミスをする

・まともにボールは飛ばず
 次もラフやバンカーなど難しい状況になる

・少しでもグリーンに近づきたいので
 さらに無理をする

無理を繰り返して「トリプルボギー」でホールアウト



1つのミスショットが難しい状況を発生させて
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ミスの連鎖になるのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


100が切れないと悩んでいる人に
「どこでスコアを崩していますか?」と聞くと


「ドライバー、アイアン、アプローチも全部がダメです」
「いつも1ホールか2ホール、大叩きになるんです」

という方が多いですが


原因は「1つのミスショット」にあるというケースは多いです。


そしてミスショットには"偏り"があります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

たくさんの課題があるようで
実は"1つの苦手なショット"が
他のミスを誘発しているのです。




■スコアを損している「真の原因」をクリアすると、、、


先程の「ドライバーが曲がる」の事例で言うと、

解決策はコレ

「飛ばさなくてもいいから
ドライバーショットを安定させる」


ドライバーショットが安定したらどうなるのか?


・ドライバーショットが190ヤードしか飛ばなかったが
 フェアウェイにボールを運べた
↓ 
・残り距離は長いが、打ちやすい状況

・FWやUTでセカンドショットを打つ

・少しダフってしまいグリーンに届かなかった。
 グリーン手前からのやさしいアプローチが残る

・アプローチの距離感があわなかったが
 グリーンには乗った

・長めのパットが入り

「パー」でホールアウト


今回のケースではドライバーの飛距離がでなくても
フェアウェイにさえ打てれば

その後は、多少ミスをしても
スコアを崩さずにすみました。

長めのパットが入らなくてもボギーです。

(全ホールがボギーでも90です。
 目標が100切り、90切りなら十分です)


スコアがまとまらないと悩んでいるゴルファーは

ドライバー、FW、アイアン、アプローチなど
全てのショット上手くいかないと思っています。

ですが、

1つのミスが他のミスを誘発しているケースが多いです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そしてミスには"偏り"があります。

このように多くのゴルファーは
スコアをロスしている"真の原因"があります。

スコアを損している"真の原因"を探しましょう。

 * * *

ゴルフで大叩きになる理由と対策を
ご紹介しました。

今回はドライバーのミスを事例にご紹介しました。

ミスの傾向には個人差があります。

・ドライバーが問題かもしれません。
・アイアンの傾斜からの打ち方を知らないのかもしれません。
・トラブル時に無理をする傾向があるのかもしれません


ミスにはかならず"偏り"があります。

それさえクリアすれば一気にスコアアップ出来ますよ。

参考になれば幸いです!

応援しています!




■追伸

「100切り集中講座」という企画にて
今回の内容をレポートで詳しくご紹介しています。

参加されている方はぜひご覧ください。

※「100切り集中講座」の募集は終了しています。
※不定期に企画を行っているので、ぜひご参加ください。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。