dr1

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「どうすれば手打ちを防止できるのか?」

手打ちスイングを直すと
大きな筋肉を使えるので飛距離が出やすいです。

腹筋や背筋などの大きな筋肉は
パワーがあり再現性が高いです。

手打ちスイングを直すとショットが安定し
飛距離が出ます。

ということで今日は
「手打ちが直るボール位置の決め方」
をシェアします。


■手打ちが直るボール位置の決め方


(1)ボールに近すぎると手打ちになる

ボールに近すぎると前傾があさくなり
かかと体重になります。

スイングが不安定になります。

腕を振るスペースがなくなります。

肩の回転もしにくくなります。

手で打つしかなくなります。

飛ばしたいので、
「腕の力で早く振る」
というスイングになります。

腕の筋肉は小さくてパワーは弱く
器用に動きます。

手打ちスイングはインパクトでフェース面が左を向いたり
右を向いたりします。

ボールが左右に曲がります。

再現性も悪くなりますし、
パワーもでません。

アドレスでボールに近すぎると
「手打ち」の「飛ばない、曲がるスイング」になります。

アマチュアとプロの平均を比べると

「アマチュアの方が3.5センチもボールに近い」

というデータもあります。

あくまでも平均なので
あなたがそうなっているとは限りません。


(2)ボールが遠すぎても手打ちになる

ボールが遠すぎると
上半身が深くなりすぎます。

必要以上につま先体重になり
下半身が不安定になります。

下半身が不安定なので
ボールを打つには腕しかつかえません。

こちらも「手打ち」の「飛ばない、曲がるスイング」になります。


(3)グリップの位置は肩の下

腕の力を抜いてアドレスできていますか?

自然と腕の力を抜いた時に
グリップの位置は肩の下にきます。

adr4



ボールの位置が近すぎても遠すぎてもダメです。

手打ちスイングで飛距離をロスします。

「肩と腕の力を抜く」
「グリップの位置は肩の下」

がオススメです。


(4)「気持ちよく振って飛ぶ場所」を見つけて微調整

ドライバーショットの飛距離を伸ばすには
「ボールの位置」がとても大切です。

微調整をしながらボールを打ち
「あなたに最適なボール位置」
を見つけましょう。

いつもより近づけて打ってみましょう。

いつもより遠くにして打ってみましょう。

大切なのは「ボールを打つ」のではなく

「何も考えずに振る」ということ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ボールを打とうと意識しなくても
体をクルッと回転させるスイングで気持ちよく打てる
ボールの位置があります。


「何も考えず気持ちよく振った時に
一番良いショットがでるボール位置」を探します。

いつもと違う場所でナイスショットが打てると

「え?これでいいの?」

と違和感があります。

でも、その位置が正解です。

多くの方にとって
「本当にベストな位置」と「いつもの慣れたボール位置」には
多少のズレがあります。

 * * *

手打ちが直るボール位置の決め方を
ご紹介しました。

(1)ボールに近すぎると手打ちになる
(2)ボールが遠すぎても手打ちになる
(3)グリップの位置は肩の下
(4)「気持ちよく振って飛ぶ場所」を見つける


ボールの位置がスイングに大きな影響を与えます。

「手打ち」を直すと飛んで曲がらないショットを打てます。

ゴルフはちょっとした気づきで
飛距離が伸びて、ショットも安定します。

飛んで曲がらないボールを打てると

パーオンしてパー、バーディーを狙う
攻めのゴルフができますよ。

参考になれば幸いです!




■追伸

スイングについて「手打ち」はアマチュアに多い問題の1つ。

他には、、、

・リズムが早い
・力み過ぎ
・スライス
・すくい打ち

などの問題が多いです。

1つの問題を解決すれば
大幅にスコアアップします。

今回の「ボール位置」のように小さな原因が
問題をおこします。

まずは自分の課題を明確にしましょう。

それが上達の第一歩です。


スコアアップのために
やるべきことは多くないですよ。

応援しています!




■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。