dr1
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「どうすればドライバーのプッシュアウトを直せるのか?」


本日、こんな質問を頂きました。

====================
ドライバーがプッシュアプトになります。
良い対策はないでしょうか?
====================


プッシュアウトとはボールが右に出て
そのまま真っ直ぐに飛ぶボールです。

右プッシュになるとOBになったり
林に入ったりしてスコアを崩します。

慌ててスイングを直そうと
すると問題が複雑になります。

右プッシュを直すシンプルな方法があります。

ということで今日は
「ドライバーの右プッシュアウトを直す方法」
をご紹介します。


■ボールの飛び出す方向について(フェースの向きにボールは飛ぶ)

今までは

「ボールの飛び出す方向はインパクトのスイングプレーンの向き。
ボールの曲がりはインパクトのフェースの向きに影響を受ける。」

が定説とされてきました。

しかしインパクトの瞬間を超スローで解析できるようになり、

実際は

「ボールの飛び出す方向はインパクトのフェースの向き。
ボールの曲がる方向はインパクトのスイングプレーンの向きに影響を受ける。」

とわかりました。

間違ったレッスンをしている
レッスンプロも多いのでご注意ください。


この動画が参考になります。
「インパクト時のフェースの向きにボールが飛ぶ」がわかります。

24秒頃にご注目ください。



※アイアンよりもドライバーの方が
 フェース面の向きに影響を強く受けます。


狙いよりもボールが右に飛ぶ場合は
「フェースの向きが右を向いている」というわけです。

プロはアドレス時にフェース面の向きに注意しながら
セットアップしていますよね。

フェース面の向きを大事にすると方向性が安定しますよ。

「右プッシュ」ということは
インパクトでフェースが右を向いていて
スイング軌道はフェース面と同じ(インサイドアウト)です。

緩やかなインサイドアウトは
スイング軌道を直す必要はないです。


■右プッシュを直すアドレスの注意点

(1)アドレス時点でフェースが開いていないか?

右プッシュの原因はいくつかあります。

意外と多いのがコレ

「アドレス時点でフェースが開いている」

アドレスでフェースが開いているので
インパクトでもフェースが開きます。

「右プッシュになる」と悩んだら

「アドレスでフェースが開いていないか?」
をチェックしてみてください。

アドレス時点でフェースを閉じると
ボールのつかまりがよくなります。


(2)フェースが開いているかチェックする方法

フェースが開いているのか
簡単にチェックする方法があります。

小さなスイングでボールが飛ぶ方向をチェックすると
問題を見つけやすいです。

ドライバーで腰から腰の小さなスイングをします。

(もっと小さなスイングでも良いです)

ドライバーで軽く「ポーン」とボールを打ちます。

小さなスイングでは
アドレスとインパクトのフェース面が変わりにくいです。

アドレス時にフェースが開いていれば
インパクトでもフェースが開きます。

フェースが開いていれば
ボールは狙いよりも右に飛びます。

あなたの持ち球がドローなら
わずかに右にでてもokです。

大きく右に飛ぶならアドレス時点で
フェースが開きすぎです。

少しフェースを閉じてみましょう。

 * * *

ドライバーのプッシュアウトの直し方
ご紹介しました。

・フェースの向きにボールは飛ぶ
・アドレス時点でフェースが開いていないかチェックする

「右プッシュになる」と感じたら
「アドレスでフェースが開いていないか?」

をチェックしてみてください。

スイングを直さず
「アドレス時にフェースを少し閉じる」
だけです。

ショットが安定しやすいですし
スライスを軽減する効果もあります。


ゴルフってちょっとしたコツで
悩みが解決することも多いです。

参考になれば幸いです。

応援しています!



■追伸

右プッシュになった時に
あわててスイングを直そうとしてはいけません。

左に飛ばそうとして左に振り抜くと

フェース面に対してスイング軌道がカットになり
スライスになる可能性も高いです。

ご注意ください!



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。