golf_dr
FROM:アオイ
札幌の自宅より


「スイングに注意点が多すぎる・・・」

「注意点が多くてアドレスで固まってしまう」

と感じたことはありませんか?

向上心の高いあなたは
スイングの課題が多いかもしれません。

ただ、、、

ラウンド中にスイングについて
あれこれ考えるのはおすすめしません。

考えながらスイングすると
スイングリズムが悪くなります。

ということで今日は
「ラウンド時に気をつけるのはコレだけ!」
をシェアします。


■ラウンド時に気をつけるのはコレだけ!

(1)ラウンド中はスイングを気にしない

ラウンド中はスイングを気にしない方が
スコアは良くなりやすいです。

ゴルフのスイングって何度も繰り返して
時間をかけて身につけます。

ラウンド中に少し気をつけたくらいでは直せません。

ラウンド中はスイングを
気にしない方が良いですが

もし注意点がある場合でも
「多くても一個だけ」にしましょう。


(2)リズムを同じにすると再現性は高くなる

ラウンド中に1つ気をつけるとしたら
「リズムを安定させる」は良いです。

・同じリズムで振る
・同じリズムで歩く

リズムが安定すると
スイングの再現性が高くなります。

ゴルフスイングは「再現性」が大切です。

少しくらい癖のあるスイングでも
再現性が高ければスコアはまとまります。


(3)ラウンド中に頭を使うのは状況判断、コース戦略だけ

「じゃー、何も考えずにラウンドするの?」

と思うかもしれませんが

頭をつかうのは「状況判断」と「コース戦略」です。

スイングに意識を使うより
ラウンド中はゲームに集中しましょう。

 * * *

「ラウンド時に気をつけるのはコレだけ!」
ご紹介しました。

(1)ラウンド中はスイングを気にしない
(2)リズムを同じにすると再現性は高くなる
(3)ラウンド中に頭を使うのは状況判断、コース戦略だけ

参考になれば幸いです!



■追伸

ラウンド中はスイングの細部を気にしない方が良いですが

練習は「逆」です。

練習時は「明確な課題」を持つことが大切。

明確な課題がないと「とりあえずボールを打つ」
という練習になりやすいです。

前回のラウンドで見つかった課題に集中して
練習をしましょう!

特に「スコアを落としている一番の課題」に集中すると
スコアアップできますよ。

「そんなの当たり前だよ!」と思うかもしれませんが
意外とできていないものです。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。