golfswing2

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「バックスイングで肩を深くいれて、飛距離を伸ばす方法とは?」

バックスイングで肩の回転が深くなると
飛距離アップを期待できます。

肩を深く入れるにはどうすればよいのか?

すぐに実践できる
簡単な方法をご紹介します。

スイングを変えずに「目線」を変えるだけ。

ということで今日は
「肩の捻転を深くしてドライバー飛距離アップ(左目でボールを”ボヤッ”と見る)」
をシェアします。


■トップでは左肩がアゴの下に

スイングのパワーは下半身と上半身の捻転差が作ります。

捻転差を大きくするには
深いトップをつくることが不可欠。
golf_top

しかし、、、

「トップで肩が深くまわらない」
という方も多いようです。

そんな時に試してほしい方法があります。


■肩の捻転を深くしてドライバー飛距離アップ(左目でボールを”ボヤッ”と見る)

アドレスからボールを打つまでの間、
「ボールを左目で見る」という意識です。

左目でボールを”ボヤッ”と見ながらスイングします。

ボールを左目で見るメリットは多数あります。


(1)バックスイングがスムーズになる

アドレス時に左目でボールを見ると
顔がわずかに右をむきます。

顔が右を向いているので
テークバックがスムーズになります。

テークバックがスムーズになると
スイングが安定します。

肩の回転が深くなります。

捻転が強くなり飛距離がアップします。


(2)インパクトで体が開きにくい

左目でボールを見ると
アドレスで右肩が前に出にくいです。

アウトサイドイン(カット打ち)によるスライスを防止できます。

左目でボールを見ると
インパクトで体が開きにくくなります。

ボールのつかまりが強くなります。
スライスを軽減する効果があります。


(3)左目でボールを”ボヤッ”と見る

左目だけでボールを見るのですが
「凝視」をしないようにしましょう。

ボールを凝視すると
腕や方に力が入りやすいです。

腕や手の力に頼ったスイングになりがちです。

ボール付近をボヤッとみる
感じにすると「打つ」という意識が減ります。

力を抜くには「ボールを打つ」より
「クラブを振る」という意識がオススメです。


 * * *

ドライバーの飛距離アップの方法をご紹介しました。

「バックスイングで肩の回転が不足している」

という場合は

「左目でボールを”ボヤッ”と見る」
をお試しください。

肩が深く入るだけでなく
無駄な力みも取れやすいです。

ボールのつかまりが良くなります。

ほんのちょっとしたコツで
飛距離が伸びるケースもありますよ。

応援しています!




■追伸

最近、メルマガの読者さんがたくさん増えました。

感謝です!

もし、あなたが新しい読者さんなら
こちらを見ていただけると嬉しいです。

私がゴルフメルマガやブログを書いている理由を
ご紹介しています。

アオイの情報発信の理念・信念 
http://blog.secret-golf.com/forbeginner.html




■追伸2

先日、北海道ではめったにない
強風の日がありました。

実は、その日はラウンドのために
ゴルフ場にいったのですが

あまりの強風のため

ラウンド前の受付で

「今日は風が強すぎるので、キャンセルも可能ですよ」

「正直、プレーをおすすめしません」

とのこと。

他のプレーヤーも風が強すぎると
プレーを中止している人もいました。

無理をしてケガをしても嫌なので
その日はキャンセルをさせていただきました。

強風でゴルフを中止するって
なかなか体験しないですよね。

また今度、天気の良い日にリベンジです。