golfswing2
FROM:アオイ
札幌の自宅より

「バックスイングで肩を深くいれて、飛距離を伸ばす方法とは?」

バックスイングで肩の回転が深くなると
飛距離アップを期待できます。

肩を深く入れるにはどうすればよいのか?

すぐに実践できる
簡単な方法をご紹介します。

スイングを変えずに「目線」を変えるだけ。

ということで今日は
「肩の捻転を深くしてドライバー飛距離アップ(目線を変えるだけ)」
をシェアします。


■トップでは左肩がアゴの下に

スイングのパワーは下半身と上半身の捻転差が作ります。

捻転差を大きくするには
深いトップをつくることが不可欠。
golf_top

しかし、、、

「トップで肩が深くまわらない」
という方も多いようです。

そんな時に試してほしい方法があります。


■肩の捻転を深くしてドライバー飛距離アップ(左目でボールを”ボヤッ”と見る)

アドレスからボールを打つまでの間、
「ボールを左目で見る」という意識です。

左目でボールを”ボヤッ”と見ながらスイングします。

ボールを左目で見るメリットは多数あります。


(1)バックスイングがスムーズになる

アドレス時に左目でボールを見ると
顔がわずかに右をむきます。

顔が右を向いているので
テークバックがスムーズになります。

テークバックがスムーズになると
スイングが安定します。

肩の回転が深くなります。

捻転が強くなり飛距離がアップします。


(2)インパクトで体が開きにくい

左目でボールを見ると
アドレスで右肩が前に出にくいです。

アウトサイドイン(カット打ち)によるスライスを防止できます。

左目でボールを見ると
インパクトで体が開きにくくなります。

ボールのつかまりが強くなります。
スライスを軽減する効果があります。


(3)左目でボールを”ボヤッ”と見る

左目だけでボールを見るのですが
「凝視」をしないようにしましょう。

ボールを凝視すると
腕や方に力が入りやすいです。

腕や手の力に頼ったスイングになりがちです。

ボール付近をボヤッとみる
感じにすると「打つ」という意識が減ります。

力を抜くには「ボールを打つ」より
「クラブを振る」という意識がオススメです。


 * * *

ドライバーの飛距離アップの方法をご紹介しました。

「バックスイングで肩の回転が不足している」

という場合は

「左目でボールを”ボヤッ”と見る」
をお試しください。

肩が深く入るだけでなく
無駄な力みも取れやすいです。

ボールのつかまりが良くなります。

ほんのちょっとしたコツで
飛距離が伸びるケースもありますよ。

応援しています!




■追伸

先日、こんな質問をいただきました。

「なぜ、アオイさんはメルマガを毎日発行しているのか?」


新しいメルマガ読者さんも
増えてきていますしお話させてください。


ということで今日は

「なぜ、私はメルマガを毎日発行しているのか?」

をお話しますね。

興味のある方だけお読み下さい。


このメルマガを創刊したのは2004年8月30日。

17年前です。

最初は数名の読者さんからスタートし

今の読者さんは3万4000名を超えました。

メルマガを運営しながら
日々、考え続けています。

たとえば、、、

・読者さんは、何に悩んでいるのかな?

・何を伝えれば、お役にたてるかな?

・どう伝えれば、行動してもらえるかな?

忙しい方でもできるように

読みやすく
わかりやすく
実践しやすくする

を意識しています。



で、、、

「なぜ、私はメルマガを毎日、お届けしているのか?」


私には多くのゴルファーにゴルフの悩みを解決してもらい
ゴルフを楽しんで欲しいという思いがあります。


多くのアマチュアゴルファーは
「何をすれば良いかわからない」
と悩んでいます。

以前の私も「ゴルフが上達しない」と悩んできました。

だからこそ、あなたには
私と同じ苦労をして欲しくないのです。

このメルマガが少しでも
お役にたてたなら嬉しいです。


もし、あなたが新しい読者さんなら
こちらを見ていただけると嬉しいです。

私がゴルフメルマガやブログを書いている理由を
ご紹介しています。

アオイの情報発信の理念・信念 
http://blog.secret-golf.com/forbeginner.html