golf_top2
FROM:アオイ
札幌の自宅より


「どうすれば飛距離が伸びるのか?」

「上半身の回し方」を意識するだけで
飛距離がアップすることもあります。

ということで今日は
「飛距離が伸びる上半身の回し方」
をシェアします。


■飛距離が伸びる上半身の回し方

飛ばしのパワーの源はバックスイングでの
捻転(腰と肩の回転の差)です。

(1)背中がターゲットを向くまでしっかりと肩を回転させる

背中がターゲットを向くまで上半身を回しましょう。

dr_top

「左肩をまわす」を意識すると
スウェーになる方も多いです。

その場合は

「右肩を後ろに引く」を意識すると
スウェーを防止できます。


(2)上半身の力を抜くと肩の回転が深くなる

上半身の無駄な力みをとると
バックスイングの捻転が大きくなりやすいです。

アドレス時に「胸」「肩」「背中」など
上半身から力を抜きましょう。

バックスイングの捻転が大きくなりやすいです。


(3)顔の向きは動いてOK

勉強熱心なあなたは「頭を動かすな」
というレッスンを聞いたことがあるでしょう。

このレッスンが飛距離ロスの原因に
なっている可能性があります。

顔の向きを固定すると
肩の回転の邪魔になります。

トップで左に体重が乗ってしまう
「リバース」の原因にもなります。

スイングは「背骨を軸に回転」します。

背骨を軸に回転するので
バックスイングで「顔の向き」は動いてOKです。

nenten_atama

上半身の捻転にあわせて
顔の向きを回転させます。

大きな捻転が生まれ
飛距離アップのためのパワーがたまります。

 * * *

飛距離が伸びる上半身の回し方
ご紹介しました。

(1)背中がターゲットを向くまでしっかりと肩を回転させる
(2)上半身の力を抜くと肩の回転が深くなる
(3)顔の向きは動いてOK

上半身から力を抜くと
捻転差が大きくなりやすいです。

少しの差が大きな飛距離アップにつながります。

飛距離を伸ばす方法はいろいろあります。

大切なことは
「あなたの飛距離はまだまだ伸びる」
ということ。

応援しています!



■追伸

知人のレッスンプロと話したのですが

「飛距離アップって簡単だよね」

だそうです。

彼は月に300名の生徒さんを教えていたので

「アマチュアを飛距離アップさせる方法」に詳しいです。

で、ここからが重要なのですが

飛距離アップの方法について
3本のレポートにまとめてもらいました。

初公開となる、最新バージョンのレポートです。

すぐに効果があって簡単にできる
飛距離アップのノウハウです。

3本のレポートは希望者だけに
無料でプレゼントしますので

楽しみにしていてください。

詳細は明日の無料メルマガでご紹介します。

無料メルマガの登録はこちらから。

http://www.secret-golf.com/stepmail_form_for_mailmag_footer.htm



■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。