put8

FROM:アオイ
札幌の自宅より

あなたは

「3パットが減らない」

と悩んでいませんか?

メルマガ読者さんは
ゴルフに熱心な方ばかりです。

ゴルフに熱心なあなたに
パットの重要性は言うまでもないでしょう。

「3パットが多い」とお悩みなら、、、

ロングパットの距離感を磨くことで
スコアが大幅に良くなる可能性が高いです。

3パットが多いのはショートパットが
入らないからではないです。

アイアンの精度の問題でもないです。

「ロングパットの距離感が合わない」が原因です。

「3パットを減らしたいから
 アイアンの精度を上げてパットの距離を短くしよう」

という考えもありますが

ロングパットの練習をした方が懸命です。

アイアンの精度を
5ヤード刻みにするのは大変ですが

ロングパットの精度を
5ヤード刻みにするのはずっと簡単です。


ということで今日は
「パターの距離感を養う練習方法」
をシェアします。


■パターの距離感を養う練習方法


(1)自宅練習でストロークを安定させる(芯で打つ)

パターマットを使った練習は
距離感とは無関係と感じるかもしれません。

しかし、パターマットを使った練習は
距離感を養うために重要です。

ストロークが安定し、
芯で打てるようになるからです。

芯で打てて、ストロークが安定すれば
振り幅で距離感を作れます。

本気でゴルフを上達したいと思っている人は
自宅で練習をしています。

パターというのは芯を外すと転がる距離も

方向も大きく変わります。

芯で打てるようになって
はじめて距離感をつくることができます。

ロングパットの距離感を高めるには
自宅練習が効果的です。


こちらの記事も参考にしてください。

パターの距離感が良くなる自宅練習(パターの芯は上下もある)



(2)ラウンド前にロングパットの距離感を確認

ラウンド前にロングパットを練習しましょう。

芯で打つ練習は自宅で行っているので、
練習グリーンで行うのは「タッチの確認」です。

練習グリーンの平らな場所で
距離を確認します。


きちんと毎回、芯で打てるなら
ストロークの大きさで距離感を作れます。

ただし

グリーンの速さは
ゴルフ場によってかわります


その日の天候や時間によっても変わります

ラウンド前に練習グリーンで
距離感を確認しましょう。


ラウンド前に練習した距離は、
本番でも距離があいやすいです。

3パットが多いのはショートパットが
入らないからではないです。

アイアンの精度の問題でもないです。

ロングパットの距離感が合わないことが原因です。

パットの距離感が合わないと悩むなら、
ラウンド前にロングパットを練習しましょう。


 * * *

パターの距離感を養う練習方法をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・自宅練習でストロークを安定させる
・ラウンド前にロングパットの距離感を確認

ポイントは「打ち方の練習」と「距離感を養う」を
分けているところ。

打ち方の練習は自宅でできるので
ラウンド回数が少ない方でもパットを上達できます。

独学でも、誰かに習っても良いです。

重要なのは、
「スコアの4割をパッティングがしめる」
ということ。

パットの距離感が良くなると
3パットが減ります。

3パットが減ると
大幅なスコアアップを期待できます。

応援しています!



■追伸

裏でスコアアップをテーマにした企画
を行っています。

https://sup.opt.e-golfschool.com/


5日目のレッスンのテーマは
「パターの距離感」です。

ぜひ、そちらも参考にしてください。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。